HOME > IR情報 > 経営方針 >

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

私たち光村印刷グループは、会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指して、株主・投資家をはじめ全てのステークホルダーの皆様との建設的な対話と促進、当社の経営方針や経営状況を分かりやすく説明し、株主の皆様のご理解が得られるよう、継続して、公平かつ適切な情報開示につとめることを経営上の重要課題の一つに位置付けております。そのために東京証券取引所の定める適時開示規則を遵守するとともに、適切な情報開示体制の構築・運用に取り組みます。

2.ポリシー

①情報開示の基準

当社は、会社法、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」)に従って、情報公開を行っています。また、適時開示規則に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆様の投資判断に影響を与える情報については、積極的かつ継続的に開示します。なお、個人情報、顧客情報、及び関係者の権利を侵害することになる情報につきましては開示しません。

②情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報は、同取引所の提供する適時情報開示システム(TDnet)において公開します。TDnet上で公開した情報は、速やかに当社のホームページに掲載し、正確かつ公平に情報が伝達されるよう配慮します。適時開示規則に該当しない情報につきましても、ホームページへの掲載等により広く開示します。

③インサイダー取引の未然防止

当社は、重要情報を適切に管理しインサイダー取引の未然防止を図るための社内規程を定め、グループ社員全体への周知徹底と理解啓蒙を促進しています。

④業績予想および将来の予測に関する事項

当社が開示する当社および関係会社の計画、将来の見通し、戦略などのうち、過去または現在の事実でないものは、開示時点において入手可能な情報による判断および仮定に基づくものであり、将来の計画数値や施策の実現を確約、または保証するものではありません。実際の結果は、経済情勢や市場環境の変化等によって、これら見通しとは大きく異なることがあります。

⑤沈黙期間

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日まで(四半期決算においては発表日前2週間)の間を「沈黙期間」として、決算内容に関するコメントや質問に対する回答を差し控えることとしています。ただし、この期間中に従来の業績予想から大きく乖離する見込みとなった場合には、適時開示規則に従って適宜情報開示を行います。

⑥社内体制の整備について

当社は情報開示担当部門が社内の各業務執行部門との連繋により適切な情報収集と分析を行い、会社として適切な判断の上で開示を行います。

3.社内体制の整備について

光村印刷グループの企業価値を高めるためには、株主の皆様に当社を正しく認知、理解頂くことが不可欠です。そのために当社は、株主・投資家と、適時開示、ホームページ、イベント出展、各種のIR資料等の様々な場面で接点を持ち、ニーズに応える情報開示を公平、公正に実行するとともに、分かりやすいコンテンツ作り、分かりやすい説明を心掛けることで、顧客、従業員等を含めた相互理解を深め、当社の企業価値、ブランド価値の向上に資することを目指し、IR活動の充実を図ってまいります。

当社における株主との対話は、IR担当部門が主管し、IR担当役員が統括します。 また、株主との対話が適切に行われるよう、IR担当部門は社内にIR委員会を設置し、管理部門、経理部門、営業部門、生産部門、技術部門それぞれの担当セクションと定期的に情報交換を行い、有機的な連携体制を構築します。

ページTOP
お問い合わせ