HOME > CSR活動 >

MGG(光村グラフィック・ギャラリー)

多彩な“感動伝達”を
光村グラフィック・ギャラリー(MGG)

MGG
MGG写真

光村印刷では、芸術を中心に人々が集いコミュニケーションできるスペース創り を目的とし、1997年に光村グラフィック・ギャラリー(MGG)を 開設しました。以来継続して、グラフィックや写真等の芸術文化の情報発信スペースとして使用しています。

過去展覧会情報はこちら

中部クリエーターズクラブ展

中部クリエーターズクラブ展

1973年3月、中部クリエーターズクラブ(以下、CCC)は日本の真ん中・名古屋を中心に産声を上げました。当時は高度経済成長期にあたり、急速にデザインの需要も伸びていくという産業とデザインが飛躍的に進展した時代であり、会員それぞれが公私ともに国内外で努力を重ねてきました。1989年の世界デザイン博覧会、2003年の世界グラフィックデザイン会議・名古屋など、ビッグイベントの開催にも尽力してきました。10数名でスタートしてもうすぐ45年、メンバーは85名を数えるまでに成長しています。
そして今、グラフィックデザインが大きく変容するこの時期に、CCCの展覧会を初めて東京で開催する運びとなりました。展覧会では、会員有志20名によるグラフィック作品約60点を展示するとともに、44年にわたる活動の軌跡をご紹介します。
本展はアートを通じた社会貢献をめざす光村グラフィック・ギャラリーの趣旨に合致するだけでなく、過去に開催された「LOCAL ADC はじまりの3人展」、「広島ADC展」(ともに2013年)、「金沢ADC展」(2014年)の系譜に連なる、地方で活動するクリエーター支援の一環でもあります。
創立以来、創作表現の主体がアナログからデジタルに変わっても「デザインの本質は何か」という問いかけを忘れず、より先見性と社会性の高いデザインの発信をめざして活動を続けるCCC。その歩みを、ぜひこの機会に東京の地でご覧ください。

※中部クリエーターズクラブについて

1973年3月16日に創立、その後おもにグラフィックデザイナー、写真家、コピーライターを中心にして活動。内容は年に2回の展覧会開催やセミナーの企画など、名古屋地域で開催されるデザイン事業へ積極的な参加を重ねてきた。現在の会員数は85名、賛助会員24社で運営。2018年に創立45周年を迎える。

【 展覧会概要 】

・会  期 :2017年10月24日(火)〜11月21日(火)
・入場無料
・休 館 日 :日曜・祝日
・開館時間 :11:00 − 19:00
・展  示 :44年の歩みを振り返る概略と歴代ポスター8点
       会員有志20名による作品約60点
・主  催 :中部クリエーターズクラブ東京展実行委員会
・共  催 :光村印刷株式会社
・協  賛 :セントラル画材株式会社

【 ギャラリートーク・オープニングパーティ 】

10月24日(火)17時30分〜 ギャラリートーク「名古屋のデザイン」
山内瞬葉氏(CCC会長)×伊藤豊嗣氏(グラフィックデザイナー)×上條喬久氏(アートディレクター)
司会進行:小川明生(株式会社tmc代表)

同日18時15分〜 オープニングパーティ
参加無料

【 問い合わせ先 】

中部クリエーターズクラブ東京展実行委員会 喜多紀和 052-414-6820
光村印刷株式会社  03-3492-1181(代表)

アクセス

光村グラフィック・ギャラリー(MGG)
東京都品川区大崎1-15-9 光村ビル1F

JR/りんかい線「大崎駅」南改札新東口より徒歩6分
東急バス(渋谷駅⇔大井町駅)「居木橋」前

マップ
ページTOP
お問い合わせ