HOME >

ソーシャルメディアポリシー

光村グラフィック・ギャラリー(MGG)(以下「当ギャラリー」といいます)は、光村印刷株式会社が運営・管理する当ギャラリーに関するコミュニケーションツールとして、ソーシャルメディアを活用しています。本規約は、当ギャラリーがFacebook(フェイスブック)等のページ(以下「本ソーシャルメディア」といいます)の利用(閲覧・投稿も含む)に関する諸条件を定めるものです。本ソーシャルメディアをご利用頂くに際しましては、MGGソーシャルメディアポリシー(以下「本ポリシー」といいます)を定めておりますので、下記の内容を予めご了承ください。

1.目的

当ギャラリーのご利用案内、展覧会、イベント、ワークショップ、メディア露出などの情報をタイムリーに発信することで、当ギャラリーの活動を広く周知することを目的とします。当ギャラリーの取組について理解いただくともに、利用者の利便性向上を目的とします。

2.発信情報について

当ギャラリーの展覧会、関連事業及び各種催事案内、開館情報、大崎周辺情報

3.更新日

平日月曜日から金曜日の9:00から18:00までとします。

4.フォロー・コメントなどへの対応

原則として他アカウントの方への「フォロー」「リプライ(返信)」は行いません。
ご意見・ご質問に対しても、原則として返信はいたしません。
ただし、当ギャラリーが運用するアカウントに関しては、「フォロー」「リプライ(返信)」を行う場合があります。

5.アカウントの停止または削除

本ソーシャルメディアで情報を提供することが困難になった場合など、利用者に対する予告なくアカウントを停止または削除することがあります。

6.免責事項

・本ソーシャルメディアにおける情報の正確性、完全性、有用性を保証するものではありません。このため、本ソーシャルメディアにおける情報を利用したために、ユーザー又は第三者が被った被害について一切の責任を負いません。
・本ソーシャルメディアは、利用者が投稿した内容(コメント、写真、動画等)について一切の責任を負いません。
・投稿にかかる著作権等は、当該投稿を行ったユーザー本人に帰属しますが、投稿されたことをもって、ユーザーは当社に対して、投稿コンテンツを、全世界において無償で非独占的に使用(加工、抜粋、複製、公開、翻訳なども含む)する権利を許諾したものとし、かつ当社に対して著作権等を行使しないことに同意したものとします。
・本ソーシャルメディアは、本ソーシャルメディアに関連して生じたユーザー間のトラブル又はユーザーと第三者のトラブルによりユーザー又は第三者が被った被害について一切に責任を負いません。
・本ソーシャルメディアに関連する事項によって生じたいかなる損害についても一切の責任を負いません。
・公式アカウント以外の同名称を掲げたアカウントがある場合、本ソーシャルメディアは一切の責任を負いません。

7.知的財産権

本ソーシャルメディアに記載しているすべての情報(テキスト、画像等)に関する知的財産権は、当ギャラリー又は原著作者に帰属します。
また、内容について「私的使用のための複製」や「引用」など著作権法上認められた場合を除き、無断で複製・転用することはできません。

8.リンクについて

本ソーシャルメディアから、もしくは本ソーシャルメディアへリンクを張っている当ギャラリー以外の第三者のウエブサイト(以下「リンクサイト」と呼びます)の内容は、それぞれの責任で管理されるものであり、当ギャラリーが管理しているものではありません。リンクサイトは、それぞれのリンクサイトの掲げる使用条件によってご利用ください。当ギャラリーは、リンクサイトの内容について、また、それらをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。
なお、本ソーシャルメディアへのリンクは、当ギャラリーが同リンクサイトの利用や、リンクサイトに掲載されている商品、サービス、会社等を推奨することを意味することではなく、また、当ギャラリーとリンクサイトの間に提携などの特別な関係ということを意味するものでもありません。

9.禁止事項

利用者が以下の行為等を行った場合には、予告なく投稿の削除やアカウントのブロック等を行う場合があります。
・虚偽または事実誤認の内容を含むもの。
・明らかないたずらおよび言語的意味のないもの(空書き込み、意味のない文字の羅列、同様の内容の連続投稿など)
・個人情報(氏名、メールアドレス、住所、電話番号など)が含まれるもの。
 (フェイスブック等の機能により、自動的に表示されるものを除く)
・本人の承諾なく、個人情報を特定、開示、漏洩するなど第三者のプライバシーを侵害する行為。
・公序良俗に反する、もしくはその恐れのあるもの
・知的財産権(著作権、商標権、その他)や肖像権、プライバシーを侵害するもの
・当ギャラリーが提供する情報を、その個人的な利用目的の範囲を超えて使用し、または複製する行為
・当ギャラリー、または第三者を誹謗中傷または名誉、信用を毀損するものまた恐れのあるもの、根拠のない情報を掲載する行為
・選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為
・営業活動、政治的活動、宗教的活動に関係するもの
・当ギャラリーの本ソーシャルメディアを営利目的に利用すること
・迷惑を与え、又は不利益を生じさせもしくは損害を与えるもの、又はその恐れがあると当ギャラリーが判断するもの
・犯罪的行為に結びつくものまたは法令に違反するもの。またはその恐れがあるもの
・自殺、殺人予告
・出会い目的の内容、卑猥内容(愛情表現や幼稚な単語を除く)
・コンピュータウィルス等の有害なプログラムまたは当ギャラリーまたはフェイスブック等のシステムを破壊または機能不全に陥らせるもの
・第三者になりすます行為
・本ソーシャルメディアを利用して、当ギャラリー、他の利用者その他の第三者に対し、コンピューターのソフト・ハードの正常な機能を阻害するウィルス等の有害なプログラムまたはファイル等を発信する行為
・その他、本システムの運営を妨げるもの。および当ギャラリーが不適切と判断したもの

10.その他

①本ソーシャルメディアの利用者が本ポリシーに違反した場合、当ギャラリーは、当該利用者による書き込みを削除し、又は当該利用者の利用を制限またはブロックすることができ、利用者はこれに異議を唱えないものとします。
②本ソーシャルメディアの利用者が本ポリシーに違反し、又は本ソーシャルメディアの利用者が利用に関連して当ギャラリー、他の利用者その他の第三者に有形無形の損害を与えた場合、当該利用者はこれを自己の責任と負担において賠償し、その他の解決をはかり、当ギャラリーに一切の負担を負わせ又は迷惑をかけないものとします。
③当ギャラリーは、本ソーシャルメディアを通じて利用者により提供される情報について、その内容を保証または認可したものではありません。従って、その内容を信用したことにより利用者に損害等が生じた場合にも当ギャラリーは一切責任を負いません。
④利用者が本ソーシャルメディアを通じて掲載した情報についての著作権(著作権法27条及び28条に規定する権利を含む)は全て当ギャラリーに帰属し、また利用者はこれについての著作者人格権を行使しないものとします。当該権利の帰属及び放棄について利用者には対価を請求する権利はありません。
⑤当ギャラリーは本ソーシャルメディアの利用者の同意を得ることなく本ポリシーの内容を変更することができます。この場合、変更後の本ポリシーは当ギャラリーがウェブサイトへの掲載その他の方法により公表した時点で当然に効力が生じ、以降本ソーシャルメディアの利用者は変更後の本ポリシーの適用を受けるものとします。
⑥本ソーシャルメディアの利用及び本ポリシーに伴う紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

◆お問い合わせ先:MGG運営ワーキング・グループ
電話: 03-3492-1181(光村印刷代表)
Mail:光村印刷ホームページ上部の「お問い合わせ」フォームよりお願いします

更新日:2018年10月現在

ページTOP
お問い合わせ