• トップメッセージ

    トップメッセージ

  • 企業理念

    企業理念

  • 会社概要

    会社概要

  • 沿革

    沿革

  • 事業紹介

    事業紹介

  • 制作・製造拠点

    制作・製造拠点

  • 関連会社

    関連会社

  • コーポレートガバナンス

    コーポレート
    ガバナンス

  • コンプライアンス

    コンプライアンス

  • 環境

    環境

  • 品質

    品質

  • 個人情報保護

    個人情報保護

  • 購買

    購買

  • 地域

    地域

  • MGG

    MGG

menu

menu

企業情報 製品・サービス お問い合わせ

MGG展覧会アーカイブ MGG EXHIBITION ARCHIVE

第22回多摩美校友会チャリティ展2019

2019年12月1日(日)〜12月7日(土)

多摩美術大学の卒業生約140名が制作した作品を販売し、収益の一部を「奨学金基金」と「芸術・文化による災害復興支援」に充てるチャリティ展覧会です。また若手作家の個展開催を応援する「個展バックアップ賞」の投票や、「障がいのある、なしを越えていくアートのチカラ」をテーマにした多摩美のOB達によるトークイベントも開催しました。
第22回多摩美校友会チャリティ展2019
第22回多摩美校友会チャリティ展2019

アジアの子どもと女性に夢を第23回写真家達によるチャリティー写真展

2019年11月22日(金)〜11月26日(火)

フォトボランティア ジャパン基金では、1997年からプロ写真家から寄せられた作品を展示即売し、収益を寄贈するチャリティー活動を通じて、世界の子どもたちを支援してきました。今回のテーマは「アジアの子どもと女性に夢を」。写真家85人の協力を得て、フィリピンの若者とスリランカの農村女性を支援する国際協力NPO「アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)」へ収益金を寄贈しました。
アジアの子どもと女性に夢を第23回写真家達によるチャリティー写真展
アジアの子どもと女性に夢を第23回写真家達によるチャリティー写真展

光村図書創立70周年記念
教科書 time travel —過去から未来へ—

2019年9月26日(木)〜11月9日(土)

光村図書出版がこれまで刊行してきた国語教科書の展示を中心に、同社の歩みと現在の事業展開を紹介する展覧会を開催しました。黒板に机、教科書…とまるで小学校の教室にタイムトラベルしたような気分を味わえるような会場に、多くの世代に親しまれている『くじらぐも』の大きなスタンディを出現させたり、教科書の名作に関連したイベントを開催して、多くの方に楽しんでいただきました。
光村図書創立70周年記念 <br class="u-sp">教科書 time travel —過去から未来へ—
光村図書創立70周年記念 <br class="u-sp">教科書 time travel —過去から未来へ—

現代童画会セミナー展 '19'

2019年7月15日(月)〜7月20日(土)

日本で唯一のナイーブアートの美術団体である現代童画会は、表現の研究や向上を目的としたセミナーを定期的に開催しています。昨年に引き続きMGGを会場にして開催された本展では、日頃の研究成果を発表する場として、主体的に自分らしさを追求した作品が一堂に会しました。初日には小澤清人会長らによる講評会も行われました。
現代童画会セミナー展 '19'
現代童画会セミナー展 '19'

第21回多摩美校友会チャリティ展2018

2018年12月10日(月)〜12月16日(日)

多摩美術大学の同窓会組織である校友会主催のチャリティ展覧会で169名、473点が出品されました。また会期中には若手作家の個展開催を応援する「チャレンジ賞」の投票や、ギャラリストや美術館学芸員らによるトークイベントも開催。今回の収益は「奨学金基金」と、公益社団法人企業メセナ協議会による「西日本豪雨災害復興支援」に充てられました。
第21回多摩美校友会チャリティ展2018
第21回多摩美校友会チャリティ展2018

こどもたちの笑顔を増やそう
第22回写真家達によるチャリティー写真展

2018年11月30日(金)〜12月2日(日)

写真家達が「オリジナルプリント作品で国際貢献を!」と企画する、世界で困窮する子ども達のためのチャリティー展覧会です。MGGはその趣旨に賛同し、前年に引き続き会場の提供を行いました。今回の収益金は「日本国際ボランティアセンター(アフガンの平和教育)」と「いわき放射能市民測定室たらちね(子どもの甲状腺検診)」へ寄贈をしました。
こどもたちの笑顔を増やそう <br class="u-sp">第22回写真家達によるチャリティー写真展
こどもたちの笑顔を増やそう <br class="u-sp">第22回写真家達によるチャリティー写真展

後世に遺したい写真展
写真が物語る日本の原風景

2018年10月25日(木)〜11月24日(土)

日本写真保存センターで保管する貴重な写真原板からプリントした約100点を集めた写真展。1910 年代から2000 年にかけて写真家がとらえた歴史的瞬間や文化財、街並みや人々の暮らし等の記録で日本の現代史をたどり、歴史の語り部としての写真の価値や写真原板を保存して後世に遺す意義を訴えました。
後世に遺したい写真展 <br class="u-sp">写真が物語る日本の原風景
後世に遺したい写真展 <br class="u-sp">写真が物語る日本の原風景

あっちゃんあがつく えほんのせかい展

2018年9月27日(木)〜10月20日(土)

人気絵本『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』。会場には「あ」から「ん」までの原画が大集合!『あっちゃんあがつく』の原点となった手づくり絵本・かるたや、刊行当初から絵本の印刷を担当している光村印刷ならではの本づくりの工程を紹介しました。会期中には作家のさいとうしのぶ先生と絵本を作るワークショップを開催したほか、絵本の読み聞かせやファミリーで気軽に立ち寄れる親子ひろばも催し、幅広い年代の方にお楽しみいただきました。
あっちゃんあがつく えほんのせかい展
あっちゃんあがつく えほんのせかい展

現代童画会セミナー展 '18

2018年7月23日(月)〜7月28日(土)

現代童画会は新しい童画(ナイーブアート)の創造と発展を目指して、1975年に創立されました。同会では画家・イラストレーター・絵本作家・造形作家といった様々なクリエイターが在籍し、モチーフや表現様式で制約することなく、童心を持った純粋な心の表現の探求が重視されています。本展は作品や画材の勉強や参加者が相互に研鑽する場として、定期的に開催するセミナーでの成果を発表する展覧会で約70点が出品されました。
現代童画会セミナー展 '18
現代童画会セミナー展 '18

仁和寺と御室派のみほとけ展 in大崎

2018年2月14日(水)〜3月10日(土)

印刷の原点である“複製”をコンセプトに、仁和寺の名宝の中から、弊社が挑戦した世界最大・最多色といわれる「孔雀明王像」木版画、日本最古の冊子である国宝「三十帖冊子」の構造レプリカ、仁和寺宸殿上段の間を飾る原在泉画伯による「桜花」襖絵の原寸サイズ複製画を展示し、見て、触ることで文化財に親しみ、印刷に関心を持っていただく体験型の展覧会を開催しました。
仁和寺と御室派のみほとけ展 in大崎
仁和寺と御室派のみほとけ展 in大崎

「門田紘佳 写真展 6″85」

2017年12月12日(火)〜12月26日(火)

門田紘佳氏の写真集『6”85』の完成を記念し、写真集の編集過程から印刷工程までを一挙公開。門田氏の撮る写真には、何気ない日常風景でありながら、眺めているうちにドラマを展開し、不可思議な印象を残すような訴求力があります。本展では写真集に掲載した全作品121点の印刷データを使用し、インクジェットプリンターでバライタ紙に出力して展示するという初の試みにも挑戦しました。
「門田紘佳 写真展 6″85」

子供たちの未来とつながろう
第21回写真家達によるチャリティー写真展

2017年12月8日(金)〜12月10日(日)

日本を含め世界には貧困、難民、紛争、災害など生活環境に振り回され、窮地に立たされている子ども達が多くいます。本展覧会では、全国の写真家の作品を1点1万円で展示即売し、その売上金を「DAYS被災児童支援募金(保養プロジェクトの子どもの食費)」と「日本国際ボランティアセンター(アフガンの平和教育と気仙沼の子ども達への漁業体験)」へ寄贈をしました。
子供たちの未来とつながろう <br class="u-sp">第21回写真家達によるチャリティー写真展
子供たちの未来とつながろう <br class="u-sp">第21回写真家達によるチャリティー写真展

中部クリエーターズクラブ展

2017年10月24日(火)〜11月21日(火)

1973年、日本の真ん中・名古屋を中心に産声を上げた中部クリエーターズクラブ(CCC)。本展はCCCの東京で初となる展覧会で、会員有志20名によるグラフィック作品約60点を展示するとともに、44年にわたる活動の軌跡を紹介しました。「デザインの本質は何か」という問いかけを忘れず、より先見性と社会性の高いデザインの発信をめざして活動を続ける中部クリエーターズクラブの歩みを多くの方にご覧いただきました。
中部クリエーターズクラブ展
中部クリエーターズクラブ展

アール・ブリュット展 in 大崎
あたらしい創造のカタチ

2017年10月7日(土)〜10月19日(木)

「アール・ブリュット」とはフランス語で「生(き・なま)のままの美術」という意味です。専門的な美術教育は受けていないものの、独自の視点で制作された12名の作家による自由で大胆な絵画やオブジェが集結しました。また本展覧会は、O美術館や今年で30回を数える大崎地区のイベント「しながわ夢さん橋」とも連携して、秋の大崎を盛り上げました。
アール・ブリュット展 in 大崎 <br class="u-sp">あたらしい創造のカタチ
アール・ブリュット展 in 大崎 <br class="u-sp">あたらしい創造のカタチ

いま、ポスターに何ができるのか。
平和と環境に果敢にチャレンジしたデザイナー 7年目の青葉益輝展

2017年7月7日(金)〜9月9日(土)

2017年に没後7年目を迎え、世界的にもますます評価を高めているグラフィックデザイナー・青葉益輝。社会とデザインをつなごうとする、そのシンプルで明解な表現の試みは、この混迷の時代の中で、言葉や国境を超えて、多くの人たちの心をとらえ直しています。本展では「伝えたい、熱い意志から生まれた」青葉作品の全貌を展示し、「いま、デザインに、ポスターに、何ができるのか」を改めて問いかけました。
いま、ポスターに何ができるのか。<br>平和と環境に果敢にチャレンジしたデザイナー 7年目の青葉益輝展
いま、ポスターに何ができるのか。<br>平和と環境に果敢にチャレンジしたデザイナー 7年目の青葉益輝展

弥生三月雛の月
〜過去にあそび 未来をひろげる〜

2017年3月10日(金)〜4月9日(日)

雛人形、郷土玩具研究家の小林玖仁男氏が所蔵する江戸時代以降の貴重なお雛様の名品と、郷土玩具の魅力を発信し続けるイラストレーター佐々木一澄氏による全国各地の郷土玩具とそのイラストレーション、コラムの展覧会を開催しました。会期中には小林氏と佐々木氏によるガイド・ツアーやワークショップも行われ、貴重な人形を間近に感じるまたとない機会となりました。
弥生三月雛の月 <br class="u-sp">〜過去にあそび 未来をひろげる〜
弥生三月雛の月 <br class="u-sp">〜過去にあそび 未来をひろげる〜

BeeBooks出版記念
鎌倉 四季の彩り 第10回山口光彦写真展

2017年1月27日(金)〜2月7日(火)

BeeBooksにて6冊目の写真集を刊行された山口光彦氏。これにあわせて出版を記念する写真展を開催しました。50年以上にわたって鎌倉の四季折々の自然に対峙し続けた作品を、お楽しみいただきました。
BeeBooks出版記念 <br class="u-sp">鎌倉 四季の彩り 第10回山口光彦写真展
BeeBooks出版記念 <br class="u-sp">鎌倉 四季の彩り 第10回山口光彦写真展

黒田泰蔵 白磁 写真 造本 印刷

2016年9月28日(水)〜10月30日(日)
2016年11月7日(月)〜11月30日(水)※会期延長
2016年12月26日(月)〜2017年1月18日(水)※ブース再構成

陶芸家黒田泰蔵氏の自選作品集『黒田泰蔵 白磁 TAIZO KURODA white porcelain 』をきっかけに、「黒田泰蔵 白磁 写真 造本 印刷」展を開催しました。
会場では、黒田泰蔵氏の白磁、大輪眞之氏の写真、木下勝弘氏の造本、そして光村印刷の印刷、4つのブースを並行展示して、一冊の書籍が出来上がるまでのプロセスを紹介しました。オリジナル作品に応える「印刷美」の実現。その一連の流れを細部にわたって詳らかにする展示内容は、好評を博して、会期を延長しての展示、更にはブースを再構成しての展示となりました。
黒田泰蔵 白磁 写真 造本 印刷
黒田泰蔵 白磁 写真 造本 印刷

2007-2016 中国イラストレーション 
ビエンナーレ受賞作品展

2016年8月19日(金)〜8月31日(水)

中国の深センイラストレーション協会が企画した「2007ー2016中国イラストレーションビエンナーレ受賞作品展」を開催しました。これまで5回のビエンナーレにおける金、銀、銅賞および審査員賞受賞作品約100点を展示し、中国のイラストレーションの現状と発展の経緯をたどる展覧会でした。
2007-2016 中国イラストレーション <br class="u-sp">ビエンナーレ受賞作品展
2007-2016 中国イラストレーション <br class="u-sp">ビエンナーレ受賞作品展

90 vs 90+展 ―見よ国展の底力―

2016年4月29日(金)〜5月4日(水)

1926年からスタートした国展は絵画、彫刻、工芸、版画、写真部門を擁する国画会による公募展です。国画会においては“創作の自由を尊重する”を第一義とした創立精神と多様な表現様式が受け継がれ、日本美術界を牽引し代表する多くの作家を輩出しました。今春、90回記念国展を迎えるにあたり、国画会五部門の現役会員90名による展覧会を開催。次の世代への架け橋となる作品が発表されました。
90 vs 90+展 ―見よ国展の底力―
90 vs 90+展 ―見よ国展の底力―

みんなの浮世絵 〜体感!浮世絵世界

2016年4月1日(金)〜4月22日(金)

Bunkamura ザ・ミュージアム等で開催する「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」のサテライト展で、歌川国芳と歌川国貞の作品をリソースに“浮世絵の世界へ入れる、学べる、体感できる”をコンセプトにした企画展。浮世絵を等身大にまで拡大した撮影コーナーや、浮世絵の製作工程の紹介、浮世絵摺り体験などのワークショップを通じて、浮世絵に親しんでいただきました。
みんなの浮世絵 〜体感!浮世絵世界
みんなの浮世絵 〜体感!浮世絵世界

もじにぎり展

2015年11月30日(月)〜12月19日(土)

「寿司という日本が生んだコンテンツにもっとエンターテインメント性を!」と、アートディレクターの小杉幸一、コピーライターの渡辺潤平、EDP graphic worksという広告や映像業界で活躍する三者がタッグを結成。写真からは感じられない、寿司の新しい<シズル>表現も目指して、寿司というトラッドな存在を多面的に和ポップに表現し、新たな寿司ワールドを創出しました。
もじにぎり展
もじにぎり展

KANAZAWA ADC展
金沢で生まれたデザインとそのアートディレクション

2014年3月4日(火)〜28日(金)

石川県のクリエイティブシーンを盛り上げたいと発足した金沢ADCでは、活動開始早々ながら、クリエイターの地位や地場デザイン力の向上につながる功績を残したと認められて、2013年に石川県知事から「石川デザイン賞」を贈られています。今回の展覧会では、石川県を代表する優秀作品が一堂に集め、歴史・伝統文化だけではない"金沢の今"をMGGから発信しました。
KANAZAWA ADC展 <br class="u-sp">金沢で生まれたデザインとそのアートディレクション
KANAZAWA ADC展 <br class="u-sp">金沢で生まれたデザインとそのアートディレクション

HIROSHIMA ART DIRECTORS CLUB In Tokyo展
広島から生まれるデザインとそのアートディレクション

2013年10月1日(火)〜10月18日(金)

地方ADCでは広く門戸を開いた審査会の開催をはじめ、若いクリエイターの育成や地場デザイン文化の向上など、積極的な取り組みを続けています。本展覧会には、発足から5年目を迎えた広島ADCのメンバー約60名が参加。ポスターやパッケージ、WEB、CMなどご当地色が楽しい作品が揃いました。
HIROSHIMA ART DIRECTORS CLUB In Tokyo展<br>広島から生まれるデザインとそのアートディレクション
HIROSHIMA ART DIRECTORS CLUB In Tokyo展<br>広島から生まれるデザインとそのアートディレクション

LOCAL ADC はじまりの3人展
寺島賢幸・はせがわさとし・前田弘志

2013年9月3日(火)〜9月20日(金)

ADC(アート・ディレクターズ・クラブ)とは、より優れたクリエイティブワークを目指し様々な分野のクリエイターが参加する団体です。地方ADCの活動が普及するきっかけを作ったはせがわさとし氏(富山)と、寺島賢幸氏・前田弘志氏(北海道)が手がけたポスターやパッケージ、パンフレット100点以上を展示しました。
LOCAL ADC はじまりの3人展 <br class="u-sp">寺島賢幸・はせがわさとし・前田弘志
LOCAL ADC はじまりの3人展 <br class="u-sp">寺島賢幸・はせがわさとし・前田弘志

WINDSCAPE MINDSCAPE
〜上條喬久グラフィック展〜

2013年6月3日(月)〜7月5日(金)

グラフィックデザイナーやアートディレクターとして活躍する上條喬久(かみじょう たかひさ)氏の展覧会。上條氏の描いた作品を光村印刷がデジタル加工・印刷し、共同で<純粋な風景=WINDSCAPE MINDSCAPE >を表現しました。
WINDSCAPE MINDSCAPE <br class="u-sp">〜上條喬久グラフィック展〜

動画